カテゴリ:□ノーザンテリトリー( 6 )

2005年 04月 16日
やっと再スタート
c0004876_13594487.jpgやっとの事でパソコンの修理終了!また旅が再開されます。
パソコンの方は液晶交換で600ドルという馬鹿みたいに高かったのですが、海外旅行保険の「携行品の保証」で全額戻ってくるようです。海外旅行保険は1年で12万円も払っているので、半分の元は取ったって感じです。
さて、灼熱のトップエンドは暇を持て余した私たちを、十分に叩きのめしてくれました。毎朝ブラブラと散歩をし、昼は宿のプールでまったり。夜はナイトマーケットをひやかして歩く毎日。もう十分ですね。

と言うことで、早速ですが明日出発します。とりあえずはキャサリンを通ってテナントクリークまで。たぶん1000キロくらいでしょうか。まぁ休んでいる間、車の整備をばっちりやったので、順調に行くでしょう。たぶん・・・
色々とありましたが、ダーウィンは思い出の地になりました。やっと脱出します。
[PR]

by aya_kei | 2005-04-16 13:58 | □ノーザンテリトリー
2005年 01月 06日
いきなり出発! byケイ
c0004876_16101569.jpgいきなりですが、今から出発します。
昨日の夜、同じ部屋の女の子(ニュージー出身)2人から一緒にアデレードまで行かない?と誘われました。もちろん即OK!でもいつ?って聞いたら、明日の夜なんて言うのです。どうやら、車が故障して修理が終わるのが今日の夜なんだとか。
で、今から600キロ先のクーバーピディーへ出発です。多分今日中には着く予定でいますが、夜道は怖い。
日本にいると、四六時中街灯が灯され視界のどこかに明かりが見えるはず。でも、オーストラリアって本当に真っ暗。車のライトがなければ走ることは100%無理です。たとえ地平線に対向車のライトがみえても、すれ違うまで20分はかかります。それほど何にもないんですよ。そんな悪環境の道を女の子が4人乗った車が走るわけです。でも、ニュージーの女の子の方がスタイルいいから生き延びられそうです(笑)

さて、そろそろ行ってきますね。
[PR]

by aya_kei | 2005-01-06 16:10 | □ノーザンテリトリー
2005年 01月 05日
アケオメ byあや
c0004876_13143597.jpg
あけましておめでとうございます。
今はアリススプリングスに滞在中です。初日の出のウルル登頂は失敗。余裕の寝坊でしたよぉ。その後、何とか登頂成功です。頂から見る景色は、ものスゴ~ク綺麗でした。日本じゃあまり地平線って見れないから感動でした。でも、頂までの道のりは厳しかったですよ~。
ガイドブックで見てたときは、鎖の意味が分からなかったけど、いざ登ってみると、鎖がなかったら登れませんね。毎年数人が風で飛ばされ亡くなっているそうですが、その意味が十分分かります。
それとカウントダウンですが、派手じゃないけど凄く良かったです。私たちと同じ部屋の女の子に誘われて、キャンプグランドに行って年を越してきました。総勢50人くらいかな。カウントダウンだけは騒ぎまくりでしたが、その後、まったりとギターの音色で年越し。すご~く良い雰囲気で楽しかったです。
その後、ウルルには3日まで滞在し、昨日アリスに戻ってきました。

さて、前半戦のメインイベントは終了しましたので、次は一心不乱にパースを目指すのみ。アデレードで買ったチケットは片道だったので、ここからは新たにチケット買うか、バスか、リフトを捜すかのどれか。とりあえず、これからリフト募集の張り紙がないか、安宿巡りに行ってきます。みつかればいいなぁ。
[PR]

by aya_kei | 2005-01-05 13:14 | □ノーザンテリトリー
2004年 12月 29日
ウルル到着! byあや
c0004876_1424691.jpg昨日ウルルに到着しました。

感動!

迫力ありすぎです。

想像以上の大きさに私たちは無言になり、なぜか涙、涙の数分間を過ごしました。
今は唯一の安宿に宿泊中です。(かなり高いけど)

そして今日、私の友人が日本からノートPCを抱えてやってきました。今まで、日本語対応のPCを探してウロウロしてましたが、これからはかなり便利になりそうです。

ところで、まだウルル登山は出来てません。私たちの作戦は、1月1日に2005年初の登山者になることです。できれば思い出になるなぁ~ってケイと言ってましたが、先ほどアボリジニのコミュニティーセンターに行ったら、登るなと書いてあって、ん~どうしようと悩んでいます。アボリジニの方にとって聖地なんですものね。で、ここはユダさんに決めてもらおうと思っています。

どうしたらいいですか私たち?
[PR]

by aya_kei | 2004-12-29 14:23 | □ノーザンテリトリー
2004年 12月 27日
クリスマスパーティー byケイ
c0004876_16513516.jpg明日からエアーズロックに行ってきまーす!
ところでクリスマスは凄い事になってました。日本だと恋人と過ごす甘~いクリスマスが定番だと思いますが、バックパッカーのクリスマスはめちゃくちゃです。私たちの宿泊しているバックパッカーには40人程の人がいるのですが、その全員が中庭に集まって勝手に持ち寄った多国籍の料理でパーティーでした。中でも香港のカップルが作るリアル中華は絶品!料理名は分からないけど、かなりの腕前に驚きでした。私たちは、日本人代表としてクリスマスケーキを作りましたよ。まぁまぁだったかな・・・

お腹も一杯になり、酔っぱらいがチラホラ出てきたところで、英国人がギターでオアシスを熱唱!すると米国人がボブマーリーで対抗!凄く盛り上がったところで、香港人がカンフー映画みたいな曲を熱唱し大爆笑!
ただ同じ宿にいただけの人と、ここまで盛り上がれるとは。やっぱりバックパッカーはいいなぁと思う今日この頃です。

その後、バジェットルームで幸せに眠った事は言うまでもない。

それじゃ次はエアーズロックで年越しパーティーだ!
[PR]

by aya_kei | 2004-12-27 16:51 | □ノーザンテリトリー
2004年 12月 24日
感動! byあやケイ
c0004876_11471270.jpgアリススプリングはめちゃ熱です。
今バックパッカーの庭の温度計を見たら33度。早くもグッタリです。
アデレードから乗った「ザ・ガン」はすごく快適でした。バスみたいに身動きできない訳ではないので、疲れたら車内を歩き回ってリフレッシュ。車内は色んな人種、色んな年齢層の方がいたので、すごく良い感じな雰囲気でしたよ。でも、問題は景色。初めは地平線までの赤茶けた景色にうっとりしていたんですが、1時間、2時間・・・と経つにつれ飽きてくるんですね。本当に内陸は何にもないです。
アリスの駅に到着したら、沢山の安宿のスタッフが自分のバックパッカーの宣伝に来て、囲まれイヤな感じでしたが、事前にユダさんに頼んで予約してもらったバックパッカーのピックアップの車に乗り、宿へ行きました。

チェックインの際、ドミトリー(8人部屋)を1週間予約しようとしたら、24.25日は部屋移動になるとの事。あぁ~あ、面倒だなって思っていましたが、先ほど部屋移動しましたら、なんとバジェットルーム(ツインでバストイレ付き!)じゃないですか!速攻でカウンターに走り、こんな部屋は予約していないって言ったら、差額は予約の際に男性から頂きましたよなんて言うんです。「男性?」って・・・「ユダさんの事?」
すぐに予約の際にチェックしたカードの名義を教えてもらったら、やっぱりユダさんだ!
うぅ・・・ありがとうございます!日本からこんな事が出来るんなんて!すごいです。すごすぎです。
シドニーを出て、初めてドミトリー以外の部屋に泊まります。すごいクリスマスプレゼントに感動!の一言です。ありがとうございます!
ありがとうしか言えない私たちですが、絶対に忘れませんよ。帰国したら、イヤと言っても私たちの手料理食べてもらいますからね!本当にありがとうございます!

今日はこれからクリスマスケーキを作って、私たちのハッピーを宿のみんなにも分けてあげようかなと思います。その時は、オーストラリアのアリススプリングスの小さな宿の綺麗とは言えないダイニングから、感謝の気持ちを日本に送りすますので、受け取って下さいね!

それでは、ユダさんメリークリスマス!本当にありがとうございます!
[PR]

by aya_kei | 2004-12-24 11:47 | □ノーザンテリトリー