<   2005年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2005年 04月 28日
仕事ゲットです byケイ
c0004876_15463742.jpgこんにちは。久しぶりの更新ですね。
現在ケアンズにいます。まだ、ここに来て5日目ですが、早くも仕事ゲットです。事の成り行きは2日前。私たちのビザ有効期限は残り4ヶ月。ワーホリの就労条件が1カ所3ヶ月なので、普通の仕事は3ヶ月間の契約をするのですが、そうすると、私たちに残された時間の殆どをケアンズで使うことになってしまい、非常に厳しい。てことで、いつものようにユダさんに相談したら、ユダさんがケアンズに住んでいる時に働いていたホテルを紹介してもらう事になったんです。しかも、私たちの希望通り2ヶ月契約の仕事。で、先ほど面接してきたのですが、当初は日本人スタッフとして働くはずが、悲しい事に私たちの乏しい英語力を指摘され、最終的には日本人スタッフ補佐という、2ランクほど下の仕事になっちゃいました。でも、1日6時間の週5日、時給15ドルという好待遇に大、大満足!これってどれほど凄いかと言うと、日本人向けのお土産屋で時給8ドル。大橋巨泉のOKショップですら時給13ドルなのですから、好待遇ぶりは一目瞭然ですよね。

ところで、今日面接して下さった日本人のテルミさんという方が、ユダさんの友人だったのですが、色々と面白い話を聞くことが出来ました。
当時、ここの求人を新聞に出した際、日本人はユダさんだけが募集してきたそうです。なぜなら、必要な英語力がネイティブレベルとなっていたので、ワーホリの方は敬遠してたみたいなのです。しかし、電話の時点であやふやな英語を使っていた為、ユダさんはすぐに断られたそうですが、翌日、いきなりスーツ姿でホテルに現れテルミさんに「何の仕事でも良いので働かせて下さい」と言ったそうです。これがきっかけで日本人スタッフになったユダさんは、日本でホテルマン経験があったため、すぐに仕事には慣れたそうですが、1つだけ欠点があったと言っていました。それというのが、客がいなくなったパーティー会場で、タッパー片手に余った料理を持ち帰るのだそうです。これには周りのホテルマンも当初は引いていたそうですが、徐々に仲間が増え、あまり残り物を持ち帰る事をしなかった地元の従業員もユダさんを真似て、タッパーを持ってくるようになったそうです。
しかし、その事を知った料理長が激怒、文句を言おうユダさんとテルミさんを呼び出したそうですが、ユダさんは料理長が怒る前に、あなたの料理は冷めても美味しいと褒めちぎり、結局それがきっかけで気に入られ、ビジネスビザまで取ったそうなんです。

その後、何人か日本人のアルバイトが入ったそうですが、あれほど強烈な人はいないなぁとテルミさんは言っておりました。いまでも、お正月には年賀状となぜか履歴書が送られて来るそうで、「あの子はちょっと普通じゃないから結婚はまだね」と笑っておりました。

そんな感じで、またまた流れに身を任せケアンズ生活がスタートします。今日は今から部屋を数カ所見てきます。仕事は明後日からなので早くしないと・・・
ユダさん・・・またまたお世話になりました!
[PR]

by aya_kei | 2005-04-28 15:45 | □クイーンズランド州
2005年 04月 16日
やっと再スタート
c0004876_13594487.jpgやっとの事でパソコンの修理終了!また旅が再開されます。
パソコンの方は液晶交換で600ドルという馬鹿みたいに高かったのですが、海外旅行保険の「携行品の保証」で全額戻ってくるようです。海外旅行保険は1年で12万円も払っているので、半分の元は取ったって感じです。
さて、灼熱のトップエンドは暇を持て余した私たちを、十分に叩きのめしてくれました。毎朝ブラブラと散歩をし、昼は宿のプールでまったり。夜はナイトマーケットをひやかして歩く毎日。もう十分ですね。

と言うことで、早速ですが明日出発します。とりあえずはキャサリンを通ってテナントクリークまで。たぶん1000キロくらいでしょうか。まぁ休んでいる間、車の整備をばっちりやったので、順調に行くでしょう。たぶん・・・
色々とありましたが、ダーウィンは思い出の地になりました。やっと脱出します。
[PR]

by aya_kei | 2005-04-16 13:58 | □ノーザンテリトリー